« 夏野菜の植え付け in 2012 | トップページ | 脂質6:脂肪酸構成いろいろ その1 »

脂質5:高オレイン酸サフラワー油

 一番よく名前の知られている脂肪酸はリノール酸でしょう。
 ぼくが子どものころは、リノール酸の豊富な紅花(サフラワー)油やひまわり油がヘルシーな油としてもてはやされていました。
 でも、最近はテレビCMでも「リノール酸」の名前を聞かなくなりました。代わりにCMで主役になっているのが「高オレイン酸紅花油」や「高オレイン酸ひまわり油」です。

1 高オレイン酸紅花油の脂肪酸構成はこんな感じ。

6_2 もともとの紅花油の脂肪酸構成はこんな感じでした。
 高オレイン酸タイプと従来タイプでは、リノール酸とオレイン酸の割合がそっくり入れ替わったかたちになっています。

1_3 高オレイン酸紅花油は、オリーブ油とよく似た脂肪酸構成になっています。

 リノール酸は人間の健康に必要な脂肪酸ですが、必要以上にたくさんとると発がんリスクを高めるなどの弊害があることが分かってきました。
 そこで、紅花油などのリノール酸の豊富な植物油は、原料となる植物を品種改良して、リノール酸は少なくオレイン酸は多いタイプに切り替えられているのです。

« 夏野菜の植え付け in 2012 | トップページ | 脂質6:脂肪酸構成いろいろ その1 »

脂質」カテゴリの記事