« 脂質8:脂肪酸構成いろいろ その3 | トップページ | 生マッコリ、ちょっと飲みすぎました(涙) »

脂質9:脂肪酸構成いろいろ その4

 今回は、お魚シリーズです。

19
 くろまぐろ(ほんまぐろ)の赤身に含まれる脂肪の脂肪酸構成です。
 これまでの食品の中には出てこなかったEPAとDHAが登場。
 EPAやDHAは、リノール酸やオレイン酸と同じく、脂肪酸の仲間なのです。
 「その他の脂肪酸」がずいぶん大きいですが、この中に20種類近い脂肪酸が入っています。

20
 くろまぐろの脂身(トロ)の脂肪酸構成です。

21
 こちらは、さば。

22
 ひらめです。
 多くの魚は、EPAとDHAのトータルで、脂肪酸全体の20%前後になるようです。

23_2
 ただし、それぞれの魚にふくまれる脂肪の量は異なります。
 あぶらがたっぷりのったウナギと、淡泊なヒラメを食べ比べれば、脂肪の量が明らかに違うはずだと分かりますよね。
 まぐろのトロには、赤身の20倍近い量の脂肪がふくまれています。

24_2
 脂肪の量棒グラフに、円グラフでお見せした脂肪酸構成を反映させてみました。EPAとDHAだけ色をつけてあります。
 EPAとDHAをトータルして1.7 グラムとろうとすれば、まぐろのトロならお刺身3切れで足ります。サバなら中くらいのもので半身くらい。ヒラメだとお刺身50切れ、まぐろの赤身だと80切れも食べないととれません。

« 脂質8:脂肪酸構成いろいろ その3 | トップページ | 生マッコリ、ちょっと飲みすぎました(涙) »

脂質」カテゴリの記事