« 伊豆高原の土地を契約するまで 後編 | トップページ

大草原の小さな家か !?

 新年あけまして、おめでとうございます!

 さて、お正月に家族で集まったときのこと。
 年内に完成予定の、「伊豆高原の木立の中の家」の話題になりました。

弟の奥さん近くにおうちはあるの?
ぼく    「えっ?えっ?...どういう意味??

 なぜか、果てしなく広がる原野にポツンとたたずむ一軒家に暮らすつもりと誤解されていたようなのです。
 そうじゃなくて、分譲別荘地だから、郊外の住宅地みたいなものだと説明したところ...

母親なんだsign01 じゃ、道もとおっているの?
叔父なんだよ~。一人で原生林を切り開いて住むんだと思ってたよ。
叔母じゃ、電気も水道もふつうにあるのねsign02 なんだ~
ぼく とミミちゃん ...( ̄Д ̄;; 

 そろいもそろって、こんなイメージを持っていたようなのです bearing

Photo_6 

 ぼくには、ここまでワイルドに暮らす根性ありませんてcoldsweats02 

 でも、ブログを読んでくださっている皆さんにも誤解している方がいるかもしれませんね。
 実際は、こんな感じですよ~ ↓

Photo_3   

 ふつうに道もあるし、ご近所さんとも隣接してますhappy01
 区画が広いので、緑は豊かですけど。

 どうも、「木立の中の家」とか言うと、誤解されやすいみたいですね。
 「お庭に、ちょっと多めに木が生えている家」ではどうでしょうか(笑)。

« 伊豆高原の土地を契約するまで 後編 | トップページ

ある日のできごと」カテゴリの記事