ご近所のおみせ

精進料理 鎌倉不識庵

 8

 ベジタリアンフードセラピストとして札幌中心に大活躍の安藤夏代さんに強く勧められて、不識庵に行ってきました。鎌倉稲村ケ崎にある一軒家の精進料理店で、営業日は不定期、予約必須です。
 店主の藤井まりさんは、日本全国、世界各国で料理指導をされています。
 藤井さんのレシピ本がほしくて、どの本が一番お勧めですか?とお聞きしたところ...

1 選んでいただいたのが、「宗哲和尚の精進レシピ」 (河出書房新社)。6年前に亡くなられたご主人の藤井宗哲和尚との共著です。

 さっそく読んでみたのですが、この本が素晴らしい!
 何が素晴らしいかというと、宗哲和尚の文章にこの上ない魅力があるのです。
 爽やかで温かみのあるお人柄が伝わってきます。
 文章を読んでいるというより、目の前で親しく語りかけてもらっている気がして仕方ありませんでした。この人と一緒にいることが楽しい。そんな気持ちよさに包まれて、夢中で読み進めてしまいました。
 前書きには、このように書かれています。

 長じて、ぼくは修行道場で十年あまり修行した。小僧上がりというわけで、修行中はずっと展座(てんざ)を任されてきた。展座とは禅寺の台所役をいう。もちろん扱うのは精進物である。それも旬のものを。小細工などしない。ありのまんまを料理すればいいだけだ。自然には潤いがある。その潤いをいただいていれば、わが心身も潤う。あたりまえのことである。

 不識庵でいただいたのは、まさに小細工のない、心身の潤うお料理でした。

6
7
3_3
4_6
5_5
4  たけのこやうどを中心に、旬の味覚を堪能しました。
 野菜料理を売り物にしたお店でも、野菜のおいしさを十分引き出せていないなぁと思うことがよくあります。
 藤井さんのお料理は、野菜の一切れ一切れを噛みしめるごとに、滋味が広がっていく感動がありました。ぼくの一番好きな料理は、やっぱりこういう野菜料理なんだなぁと再認識した一日でした。

ギネスな夜

1_2  

 「TOIYAA CAFE(トイヤァカフェ)」は、うちから歩いて10分くらいのところにある小さなマクロビィオティックのカフェレストラン。

 ときどき、一日限りの特別料理を出してくれます。たとえば、マクロビオティックなスペイン料理のバールの日とか。

 先週は、マクロなアイリッシュ料理+ケルト音楽ライブのアイリッシュパブナイトでした。

 

 アイリッシュパブといえば、ギネスですねhappy01。 

 以前通っていたヨガ教室の先生がギネス大好きだったので、新宿界隈の生ギネスが飲めるお店によく通いました。
 イベントの打ち上げはギネス、ヨガ教室の生徒さんのお誕生日の日にはギネス、ヨガやってのど渇いたらとりあえずギネス... 

 ギネスが飲めるだけで幸せいっぱいなのですが、マクロビオティックなパブ料理にも興味しんしんで、雪に変わりそうな冷たい雨の中を奥さんと二人でパブナイトに出かけてきました。

 

2

アイリッシュソーダブレッド+ベジタブルスプレッド 500円 

 今までぼくが食べた中で、最高においしいソーダブレッドでした。
 おぼろ豆腐や豆乳も使ったオリジナルのレシピだそうです。
 かみしめているうちにじんわり甘さがひろがって、ギネスとよく合いました。

3

ベジタリアンフィッシュ&チップス  スモール500円   

 レギュラー900円もあります。

 この「フィッシュ」の材料はヒエが中心。知らずに食べると魚と思うかもhappy01。  

 ねかせて甘みを引き出したポテトのフライも絶品でした。  

5    

シェパーズパイ  600円  

 個人的に、この日一番感動したのがこの料理です。

 豆とベジタブルミートをチリビーンズ風に煮たものに、ポテトを重ねて焼いてあります。

6  

アイリッシュ・シチュー レギュラー900円   

 スモール600円もあります。

 野菜たちに力があって、食べていて充実感がありました。
 ギネスも加えて煮込んであるそうです。
 このお店は、普段からスープがとっても手が込んでいておいしいのですhappy01。     

7     

 ライブ演奏してくれたPaul WilliamsさんとYukoさん。
 ありがとうございましたsign03